みきママの子育て備忘録☆

妊婦生活、子育てについて書いています。

安産祈願に行ってきた / 都内 水天宮

こんにちは

 

いつも歯の矯正について記録を書いている、かぴ美です。

今回から、歯の矯正に並行して、もう1つ記録していきたいことがあります。

 

それは妊娠中の生活に関する記録です

今回、新しい命を授かることができました。お腹の中にいます。

妊婦のお腹が大きくなる段階のイラスト2

出産に向けて色々と用意が必要なもの、手続きについても記録していこうと思います。

 

まず、第一回目として安産祈願に行ってきました。

 

安産祈願を行う正式な日取りとしては、

妊婦さんが妊娠5ヶ月目を迎えた最初の戌の日です。

犬は一度に赤ちゃんをたくさん産むことから、安産に結び付けられ行われるのがこの行事です。

 

戌の日は12日に1回巡ってきます。毎月戌の日は1〜3回ありますが、

特におめでたい日として、大安と戌の日が重なっている日、お参りしやすい日曜日と戌の日が重なる日があります。

そのような戌の日は大変人気があり、かなりの待ち時間になります。

 

妊婦さんで体調が不安な方は無理することなく、混雑していない日にちに行くことをお勧めします。

 

お参りに行く人に関してですが、夫婦だけで行く方、両家の両親とともに行く方、

妊婦さん一人だけで行く方もいるようで、様々です。

私が行ったときは妊婦さんの体調が整わないのか、旦那さんだけできている方もいました。

 

服装は皆さん綺麗めの服装でしたが、必ずしもスーツではないといけないということはないみたいです。妊婦さんが多いので、皆さんワンピースでいらしゃってました。

旦那さんもカジュアルすぎないくらいの服装の方が多かったです。

 

私がお参りに向かったところは都内でも特に人気となっている

「水天宮」です。

芸能人の方のSNSでも目にしている方は多いと思います。

f:id:mimimip:20190920171826j:plain

水天宮

プライバシーのため隠しています。

9月の平日の朝一に向かいました。大安とは重なっていません。

 

水天宮前駅から歩いてすぐでした。

建物は建て直してあるみたいで、近代的で、とても綺麗な建物でした。

夏で暑かったので色々と体調を心配していましたが、

神社には自動販売機があり、水分補給も大丈夫そうです。

また、神社の入り口には氷で冷やしたおしぼりも用意されていました。

 

参拝時間に関してですが、

開門時間が7時からです。実際に祈祷の受付ができるのは8時からです。

大安の日や日曜日だったら行列が考えられるので、朝一で行く方がいいと思いますが、

私が参拝した日は8時ごろに10名ほどの方が並んでいるくらいでした。

 

受付が開始されると、氏名と住所などを記入し、受付で初穂料を支払います。

お参りの際は必ず初穂料を忘れないようにしましょう。

初穂料は8000円〜12000円で、希望するお守りなどによって変わってきます。

 

この受付で、授与品やお札などを受け取ります。

その後案内された待合室で順番を待つことになります。

祈祷する方は番号を呼ばれたら、昇殿して安産祈願のご祈祷を受けます。

 

ちなみに戌の日は祈祷される方のみ案内されますので、お連れの方は待合室で待つことになります。

どちらも室内で待機できますので、熱中症などの心配は要りません。

 

水天宮はとても人気で、行列ができますので、体調が不安な方は戌の日に拘らずに参拝された方が安心かもしれません。

 

お家に帰ったらお札を壁にかけて、毎朝毎晩お参りしています。笑

f:id:mimimip:20190920171819j:plain

このお守りがとても可愛らしくて、お気に入りです(๑╹ω╹๑ )

 

これからこのブログでは、

妊娠してからの手続き、エコーの様子、胎動、食事など記録していきますので、引き続きよろしくお願いします。♪(´ε` )