みきママの子育て備忘録☆

妊婦生活、子育てについて書いています。

矯正器具の種類について

前回、矯正歯科の選び方について書いていましたが、

今回はその続きを書いていきます。

歯のきれいな猫のイラスト

 

矯正したいと考えているあなたは、

どのような矯正器具を使いたいと考えていますか??

矯正には大まかにいうと

☆ワイヤー矯正

☆裏側矯正

☆マウスピース矯正

          があります

 

矯正器具は歯に装着するため、周りの目が気になるという方も

裏側矯正やマウスピース矯正をすることで、

矯正しているのが周囲にバレずに矯正を進めることができます。

 

ただし裏側矯正もマウスピースも高額です。

 

普通のワイヤー矯正は目立つから、、、と気にされる方もいるかもしれませんが、

白いワイヤーを使った目立たない矯正というのも最近増えているので、

そちらも考えてもいいかもしれません。

女性のお医者さんのイラスト「優しそうな女医さん」

ただ全ての矯正方法を歯医者で扱っているとは限らないので、

まず矯正歯科を調べた後、実際にカウンセリングに行って

医師と相談することになります。

たとえば、歯周病があったりすると矯正器具も限られてきますので、

自分のためにもしっかり相談をしましょう。

 

私はマウスピース矯正希望だったのですが、

私の歯並びだとマウスピースはかなりの年数かかるとのことだったので、

諦めましたm(_ _)m

 

ワイヤー矯正に関しては私が今後ブログに書いていくので、後々紹介していきます。

 

内側矯正は歯の内側にワイヤーが入るので、喋りにくかったり、

矯正器具に慣れないうちは舌に傷かついて口内炎などができる可能性もあります。

ただ、本当に矯正していることがバレにくいので、

見た目を気にされる方にはオススメです。

 

マウスピース型のリテーナーのイラスト

マウスピース矯正については

マウスピースを自分で取り外しできるので、

例えばデートだとか、飲み会だとか、そういうときに外せます。

これは良い点なんですが手漕ぎボートに乗っているカップルのイラスト(デート)

 

お泊まりに行ったり、連日の飲み会だったりで

外している時間があまりにも長いと、

マウスピースをつける時間が短くなってしまい、矯正期間が大幅に遅れてしまいます。

2週間に1度くらいのペースで新しい形のマウスピースに変更していくのが、

歯が入らなくなって、前の前のマウスピースからまた始めることになることもあるようです。

実際に私の友人がそうで、2倍の期間を超えてしまっているとのことでした。

 

ですので、きちんと時間を決めて装着できる方にはオススメですが、

そうでない方は気をつけてくださいね( T_T)\(^-^ )

 

ただ、マウスピース矯正はタピオカ並みに最近流行りの矯正方法なので、

取り扱いは増えてきているとおもいます!!

タピオカミルクティーを飲む人のイラスト(女子学生)タピオカは言い過ぎました。でも流行ってます!

 

今回の3つの矯正器具を分かった上で、矯正のカウンセリングに向かうと

医師としっかり相談できると思います。

 

では本日はこの辺で、今後は実際に矯正をした私の体験談を書いていきます。